SSブログ
前の10件 | -

新政権に望む [政治経済]

人類の歴史はウイルスとの闘いの歴史とも言われ、新たに現れる強力なウイルスを克服する度に社会は新たな姿に進化して来た。 天然痘やペスト、スペイン風邪等人類が経験した強力なウイルス禍後の社会を顧みれば歴然とする。多分、コロナ禍後の社会も其の様になると思う。多分、コロナ・ウイルスを恐れ、悩み、苦しみ、闘い、克服した後には現在の社会も人々が期待する新たな姿に移り変わる様に思う。特に、我が国の様に少子高齢化の進んだ成熟社会では、従来の政権が施行した大企業中心の貿易依存で外需頼りの不安定な社会や、何時、何処と戦うかも判らぬ「幻の戦争」に備え、先進国中最悪の財政赤字を抱えるにも拘らず高額な新型戦闘機(F35)の大量購入や、民意に逆らって完成もおぼつかぬ米軍基地の造成や、ミサイル基地迎撃用ミサイルの検討等々の軍備増強や、国民の生活を犠牲にする同盟国受けの良い政策ばかりに打ち興ずる政権は、国民から見放されコロナと共に退散する様に思う。 代わって主権者たる国民が真に求める医療、介護、保育、教育等々、国民の生活に直接関連する内需主導の政策を施行し、且つ、確りとした社会保障を備え、国民一人一人の生活を重視する政策を執る政権に変わるだろう。更に、地球上の幾つものプレートが複雑に潜り込む地点に位置する此の国は大地震や津波対策は勿論だが、加えて温暖化に伴う強烈な台風の風水害にも備え、国土強靭化や、化石燃料や原発等危険因子の多いエネルギーから脱却し安全な自然エネルギー主導へと転換する、国民の生活を第一に考える政権が出現する様に思う。先の内閣に変わり、新たに誕生した内閣が先の内閣の政策を引き継ぎ、同様な政策を続行する様では・・・此の国は外国に攻撃されて滅びる以前にstrong>前代未聞の財政赤字と貧弱な社会保障と脆弱な国土の自然災害により滅亡してしまうだろう・・・ 多くの国民が最も待ち望む事は安全で安定した生活環境の整備である。其れが高齢化した国民の不安を解消し消費性向を高め、内需拡大に繋がってコロナ過で打ちひしがれた経済を再起させる起因となるだろう。 「写真は仙台市・定義地区の西方寺本堂と五重塔」 P1000800.JPG P1000795.JPG
nice!(107)  コメント(7) 

熱中症に気を付けて・・・ [健康]

連日の猛暑の中、皆様には如何お過ごしでしょうか。・・・コロナ禍もいつ終わりを告げるやら解らず、余りの暑さと鬱っとおしさに耐え兼ね、と言って高齢の小生にとっては外出も儘ならず、 憂さ晴らしと暇潰しの積りで、少々気になっていた隣組のゴミ捨て場の清掃を少しばかりやって見ました。・・・ 慣れぬ事はするものでは御座いません、夕方から急に頭痛と寒気がするので検温して看たら・・・何と、39度7分の高熱、寒気と震えが少し出て来ました。早速、病院に行きました処熱中症との事で、此の儘放って置くと危なかったと脅かされてしまいました。・・・自分ではまだ若い者には負けぬ積りでしたが、やっぱり無理でした。・・・年寄りの冷や水。反省するばかりです・・・。<
P1000843_NEW.jpg
nice!(54)  コメント(12) 

核燃料サイクルをフランスのアスリッド計画に変えては看たが [政治経済]

核燃料サイクル政策の中核施設日本原燃の六ヶ所村再処理工場(原子炉の使用済み核燃料を再処理してプルサーマル原発で再利用出来る様にプルトニュームとウランを回収する工場)について原子力規制委員会が安全対策の基本方針が原子力規制委員会新規規制基準に適合していると認めた。 我が国の頭初決めた核燃料サイクルは高速増殖炉「もんじゅ」の活用であり、其の廃炉が閣議で決まった事に依っ☞その計画は廃止となった。 そして、更に閣議では新たに核燃料サイクルをフランスのアスリッド計画に頼る事に決めてしまった>>。フランスのアスリッド計画とは再処理工場で生まれたプルトニュームとウランを混ぜたMOX燃料をプルサーマル原発で使用する計画で有り、アスリッド計画に頼るには普通の原発をMOX燃料使用型のプルサーマル原発に作り替えなければならない。其処で、1997年に電事連は目標を2010年迄と定め、其れ迄に16~18基の原発をプルサーマル発電炉に作り替える計画を発表した。処が、計画から10年以上過ぎた現在でも未だ僅か4基のプルサーマル発電原子炉が完成したのみである。国内の原発は福島の事故以来反対者が多更に安全性が求められる核兵器用爆薬に転用可能なプルトニュームを大量に保管し、使用するプルサーマル発電原子炉の増設にはもっと反対者は多い。其の他、六ヶ所村の再処理工場は年間800トンの使用済み核燃料を処理する前提で出來て居り、使用済み核燃料排出量に応じて各電力会社が運転費用を負担する仕組みに為って居る。然し、現在の原発の稼働状況から推察するに各電力会社には其れだけの能力が無く、此の計画は資金面からも既に破綻している。新たに発足する新政府は直ちに此の計画をもう一度見直す必要がある。前政権で既に諦めていた財政再建では有るが此の侭突き進むようでは此の国は如何なってしまうのか?・
P1000663.JPG
nice!(56)  コメント(0) 

民主政治の危機はこの様に始まる? [政治]

倒幕に成功した薩長連合軍は維新政府を立ち上げ、明治憲法の下、、立憲君主制を執った。其の為、我が国の主権は天皇に有った。其の主権を維新政府の陸軍参謀本部が干犯し、思う侭に大陸に出兵し、日清、日露の戦いに勝利し、大東亜戦争に突入し、此の国を壊滅させてしまった。此の期間を司馬竜太郎は著書「此の国のかたち」に「異胎の四十年」と著し、鎖国迄して平和主義を貫き通した日本の歴史に類を見ぬ「異胎の時代」と云っている。 総理大臣として安倍晋三がデビューした際には其の時代の何処に郷愁を覚えたか・・・「美しい国ニッポン」と称し内閣の標題に掲げ実現を試みた。然し病で退任し、 再び党首として総理大臣に返り咲いた折には「戦後レジュームよりの脱却」を目指すと宣言した。戦後レジュームは先の敗戦に依り漸く私達が手にした主権在民を基本として個々の人権を尊重する思想の政治体制であり、民主主義の根幹でもある。其の内容を基本に据えた新憲法には先の大戦の反省から不戦を誓う武装解除も含まれている。之等は戦後私達が手に入れ経験して来た諸々の事柄である。之等の何が不足で脱却を目指すのか?・・・ 検察庁検事長の定年延期問題 国会は立法権、検察は司法権、内閣は行政権を持つ。この三権が其々の部署に分立してあり互いに侵す事なければ公正な政治が成り立つ。然るに、例え国家公務員と雖も、内閣総理大臣が司法に係る検事長を検事総長に昇進させる目的で、定年の延長を図り、森友、家計、桜を見る会等々、在任中自己が関係した諸々の行為に関する裁判を有利に運ばせようと試みた件が認められる様では、三権分立も無きに等しく、主権在民の下、公正な政治が行われ難くなり、独裁政権を作り出す恐れを招く。 只一つの経済政策アベノミックスは失敗に終わり、福島第一原発の事故後の管理状況をIOCの委員達を前にアンダーコントロールと迄云う偽言を吐き、迎え入れた任期ぎりぎりの2023年9月に始まる様にセットした東京オリンピックが中止にでもなれば、本当に長いだけで何一つレガシーとなる成果の無い内閣が「戦後レジュームよりの脱却」を目指し、年老いた親達と約束した拉致問題の解決を始め北方四島返還や、蔓延中のコロナ対策等々重要課題の全てを投げ打って戦後レジュームの要でも在る新憲法の改訂只一点に執着し、レガシー作りを画策する姿は余りにも異常であり、見当違いも甚だしい。・・・国会議員の半数近くを抱える第一党の党首でもある総理大臣の思考が、多くの国民の思う処の医療、介護、保育、教育等々の国民生活に直接関連する生活重視と此の様に遠く離れてしまった事は、嘗ての自民党には無かった。其の結果が最近の内閣不支持率上昇にも繋がっている様に思う。  だが・・・果たして戦後レジュームより脱却して、何処へ向かわんとするか?・・・
P1000719.JPG
nice!(31)  コメント(2) 

先ず「もんじゅ」失敗の責任と原因の追究を [政治]

我が国のエネルギー基本計画の根幹は原子力発電の核燃料サイクルであり、高速増殖原型炉「もんじゅ」はそれを支えるに欠く事の出来ない重要な研究炉である。

然し、其の「もんじゅ」は日本原子力研究開発機構に依り運営され、1994年初臨界の翌年燃料冷却用ナトリューム漏出事故を起こし、更に其の翌年には1万点に及ぶ点検漏れ発覚等トラブル続きで既に1兆円を超える資金投入がされている。そして、未だ殆ど運転実績が無い。而も、運転を開始するには新規制基準に適合させる為に工事費用を更に8千億円要すると云われる。其処で運営主体の変更を各方面から問われるも未だ具体的な選定には至っていない。

其のような訳も有り、官邸筋では之を廃炉にと考えている

我が国のエネルギー政策の根幹である高速増殖炉による燃料サイクル方式を諦め、MOX燃料を使用するプルサーマル方式に基本方針を変更する考えである。

然し、その場合、我が国にはプルサーマル原発炉が少なく、プルトニュームの完全消費が不可能であり、核兵器に利用される疑念を各国に抱かせる。

関係閣僚会議は「もんじゅ」を廃炉にし、燃料増殖の無いフランスの高速炉「アスリッド」計画に資金を提供し、協同研究する方針も検討中と聞くが、此の「アスリッド計画」自体実現性が疑問視されている。ロシアでは我が国と同様な液体ナトリユームを冷却材として使用する高速増殖炉の運転が1段階進んだとの情報もある。政府の高速炉開発会議は従来の方針を抜本的に見直し「もんじゅ」を廃炉にしても、核燃料サイクルの主体となる高速炉の研究開発は維持する予定等と嘘ぶく。廃炉にした場合どの様に核燃料サイクルを見直すのか具体策を知りたい。

其の前に我が国の原発の燃料サイクルが「もんじゅ」の稼働に依って維持されると説明し、一兆円を上回る冗費を費やすことになってしまった原因を究明し、二度と同じ過ちを繰り返す事が無い様にせねばならない。其れもせずに文科省及び通産省を始めとする関係閣僚は先ばかり急いでいる。其れは何故か?

「もんじゅ」を廃炉にした場合には我が国の原発全てを廃炉にする等エネルギー計画を全面的に見直す必要が有るのではないか。此の国の行く末を左右するような大問題であるエネルギー政策を全て他国であるフランス国の研究機関に委ねる様な無責任な結論等出してはならない。




P1000168 (1).JPG
nice!(37)  コメント(2) 

アベのミックスとコロナ対策を辿る [政治経済]

政府の金融政策は、ある意味「現代金融論・MMT」実践型とも云える。然し、MMTはあくまで一つの理論に過ぎず、政府の掲げる目標到達の成否は、当然の事乍ら、打ち出す政策と其の遂行手法如何で大きく変化する。我が国はリーマンショック後の立ち直りが遅く、世界から其の間を「失われた10年」と迄云われているが、未だに日銀の目標とする2%の物価上昇も叶わず、依然、デフレ傾向から脱却出来ていないのが実情である。 斯様な状況の下、既に、累計1000兆円を上廻る財政赤字を抱えているにも拘わらず、本年度も又々、税収不足分を赤字手形で補い、史上初の100兆円を上廻る大型予算を成立させた。そして首相は、長期に亘る政権を司り乍ら、未だ、何一つ実績の無い焦燥感からか、唯一つの経済政策でもあるアベノミックスをレガシーとして後世に残すべく、此の国が恰も社会主義統制国家にでもなってしまったかの如く「内部留保を削減せよ」とか、やれ「従業員の給与をアップせよ」とか幾度となく強く企業主に要求して来た。・・・然し、企業主からの回答は当然乍ら期待を遥かに裏切る結果であった様に思う・・・行く先が不透明で、不安に満ちた現在の様な社会では、満一に備え自己防衛の為に、企業は内部留保を、個人は貯蓄に精を出す。・・・アベノミックスに云う“トリクルダウン等は夢のまた夢”であろう。「此の先、当社はどうなってしまうのか?」とか、「存続は可能か?」「従業員は生計の維持が出来るのか?」等々、不安に怯え悩むものがトリクルダウン等する筈が無い。之等の不安を解消する手立て(政策)が政府には全く無い。・・・ 先頃まで「Japan as no1」と云って居た此の国が、僅かの間に中国のみならず、台湾や韓国に迄、経済的に脅かされる始末である。之は、正に自業自得、為政者の責任であろう・・・為政者は企業や個人にとやかく要求する前に、自分達の政治手法や政策は之で他に選択肢は無いか?確りと胸に手を宛て考え、手を打つ(政策を発表する)必要があった。そして、より多様性が有り、多くの国民が納得出来る不安解消策を早期に打ち出さねばならなかったのだ。・・・ 其れも無しに、突然、コロナ禍に襲われた。リーマンショック時の反省もあってか?膨大な費用を積み上げて対策に走った。結果は明らかである。・・・長年積み重ねて来た無策を金で買い戻す事など出来ない!そんな事すら理解出来ぬ政府は・・・何と!当年度予算102兆6580億円、其の上、第1次25兆6千914億円更に第2次31兆9114億円の補正予算を積み上げたのである・・・そして、之を「世界一の対策」等と声高に豪語する・・・そんなに自慢する様な事ではないだろう!恥の上塗りである。現政権ではとても清算出来ぬ、否、財政赤字の清算など頭の片隅にも無い、間も無く1200兆円にも達するであろう財政赤字を抱え、憑けは全て孫や子の代に廻し・・・今さえよければ、後はどうなってもかまわない・・・惹いて云えば「私の政権時さえ何とかなれば」と考え、他に何の責任も感じないオポチュニズム其のものである。・・・昔から「政治は100年の大計を」と云はれるが・・・灰塵と化した此の国を、戦後、僅か40年で「Japan as No1」と云われる迄に育て上げ、支えて来た往時の与党議員には、党首に諂うだけの情けない議員など一人も居らなかった。往時の与党議員を懐かしく思う・・・其の与党議員の気骨を同じ党である現在の与党議員にも是非見せて戴きたいものである。・・・ MTT現代金融論では、金融緩和(赤字手形の発行=財政赤字の増加)は、金利の高低ではなく、インフレーションの状況を良く調査、観察して対応する事がより重要である。とされている。・・・ 先に此のブログにも記したが・・・コロナ禍で商品の生産が殆どSTOP状態の処へ、生活支援が大部分を占める世界一多額な金融支援に依り、通貨流通量が急増すれば、当然、物価は高騰する。・・・不景気下の物価高騰(インフレーション)・即ちスタグフレーションである
vcm_s_kf_m160_160x106.jpg
此の財政赤字の解消?は、預金封鎖及びデノミネーションと新紙幣発行と云う者も居る様だが・・・     例)一千分の1のデノミなら・・・ 旧紙幣千円=新紙幣1円・一千万円の旧預金=1万円の新預金・ 我が国の財政赤字累計額千二百兆円=1兆二千万円・・・ 然し、一千分の一のデノミで新通貨の呼称額は旧通貨の千分の一になるが、物価は需給及び其の他諸々の影響も有り、必ずしも一千分の一になるとは限らない。 否、其の様にならぬ考察の方が遥かに多い。其の上、為替レートの調整も困難・・・ 更に、インフレーションが続けば・・・デフォルトの可能性も大・・・
nice!(159)  コメント(15) 

新コロナ蔓延後(post corona)の社会 NO2 [史実]

17世紀、ペストがロンドンを中心に再びパンデミックを引き起こした。其の影響で大学も閉鎖され,学位を得たばかりの若きニュートンも自粛生活を余儀なくされた。僅か一年半の間だが故郷で親の営む農場の手伝をしていた。そんな或る日、何時もの様に納屋に引き籠り体を休めていたニュートンは、壁の穴から差し込む光を見つけ、「差し込んでいる陽光は白いのに、なぜ壁に映る光は7色なのだろう?と、ふと思った。考え抜いた末、光の正体は屈折率の異なる線である事を発見した。だが、母親は息子の才能に気付く事も無く、農作業をさぼる怠け癖を嘆くばかりであったと言う。・・・ 此の僅か一年半の間にニュートンは「光学」の他「万有引力」や「微積分」と云った画期的な発見もした。然し、パンデミックが終わった後、大学に戻って研究に打ち込むが自粛中の様な大発見は無かったと云う。講義は下手で聴講性は少なく、人生の後半は猫を心の友として過ごしたとも云はれる。若し此のパンデミックが無かったら、ニュートンは20代前半の若さで、短期間に之等重要な発見を3つも成し遂げる事は出来なかったかも知れない。と語った東京理科大学・川村靖文教授の挿話が昨日の朝日新聞の「天声人語」欄に掲載されていた。・・・ 今回の新コロナ騒動も、運が悪ければ死を招く、恐ろしくて煩わしいばかりで規制の多い騒動で有り、其れを避けるには自粛等、負の遺産ばかりを想定しがちである。・・・ 然し、何故͡?此の様にウイルスが蔓延し、禍が収まった後に、決まって歴史上の大発見や画期的な新時代が到来したのだろうか?不思議に思っていた。・・・ 一方、此の様に大きな禍に見舞われた最中の自粛は、誰もが嫌う、ウイルスから避難するだけで、其れ以外何の取り得もない煩わしい規制だと思っていた・・・ ウイルスに依る禍其のものは多数の人々を死滅させ、場合によっては、人間社会をも破滅させ兼ねぬ実に恐ろしものであるだけに、其れを防ぐ効果を期待する自粛生活にも亦、禍と云う敵に負けぬ位の普段の生活ではとても有り得ない、誰からも干渉されぬ貴重な時間や空間があったのだ・・・ ウイルスに依るの禍を克服した後に、歴史上の大発見や、画期的な新時代を実現、提供して来た偉人達は、全て此の空間や時間を活用した者達ではなかったのか?・・・と天声人語は暗に語っている。後世に名を残す様な偉人達は其の時間と空間を活用し、自己が本来持ち合わせている才能の下、誰もが想像さえし得ない素晴らしいものを見つけ出し、次世代に提供して来ていたのでは?と思う。 vcm_s_kf_m160_160x106.jpg
nice!(77)  コメント(4) 

コロナ騒動後の社会は・・・ [政治経済]

コロナ騒動後には、私達が経験した社会とは全く別の新しい社会が出現する様に思う。人類の歴史は一面から見ればウイルスとの闘いの歴史であるとも言われる。天然痘を始め、ペストやスペイン風邪等々人類が経験した新ウイルス被害克服後に現れた社会を顧みれば歴然とする。エポックメイキングに新時代の社会に移行している。コロナウイルスの蔓延後も、多分、其の様に変わるだろう・・・ 特に我が国の様に多くの中小零細企業の努力によって支えられる、然も、少子高齢化の極端に進んだ成熟社会では、現政権が執行する様な大企業中心の不安定で他力本願な外需主導型の政策や、憑けを孫や子の世代に廻す赤字国債乱発に依る軍備増強や自党議席増を狙った法外に冗費の多い社会保障等が大部分を占める大型予算の執行は即座に取り止め、生活安定に直接繋がる、然も需要の多い医療、介護、保育、教育、等々内需主導で堅実な予算執行の政権に代わるだろう・・・ 加えて、地球上いくつもの大きなプレートが潜り込み、大地震が頻繁に襲う地点に位置する此の国では、震災や津波対策は勿論の事だが、温暖化に伴う特大な風水害に備える国土強靭化や化石燃料や原発等危険因子の多いエネルギー主導からも脱却し、安全で再生可能な自然エネルギー主導の政権に転換するだろう・・・ 其の様な中に有って、核の傘の威力を信じ外交努力を軽んじ、民意を向こうに廻して完成も覚束ない沖縄の辺野古に大枚をつぎ込み米軍基地造成を試みる事や、イージスショア―を数機も設置し、小型空母を建造しF35戦闘機を大量に購入する等は、専守防衛の域を大幅に逸脱している。正に仮想する敵国と戦う為の軍備増強其のものである。・・・之等は覇権を争う米・中二大強国の狭間に有る此の国がなすべき事では決して無い!・・・此の国は両国の軋轢の硲に埋没し消滅してしまう。大多数の国民は其れを恐れ忌避している。・・・post coronaには国民一人一人の生活を大切に思う社会保障の行き届いた内需主導型で堅実な政策を執行する政権に転換する事は必至である。・・・万が一にも此の侭の政策や政権が続くならば、此の国は外国に攻撃され滅びる以前に社会保障の貧弱さと脆弱な国土に依る災害により滅亡する・・・そうでなくとも覇権を争う二大強国の硲に有って、両国の軋轢で消滅する・・・ ポスト・コロナに国民が望む事は「憲法改訂や防衛力増強」に依る国力増強では無く、平和国家を前提とする「主権者たる国民の生活を大切にする堅実な社会保障と国土強靭化に依る生活環境の整備」である。其れが高齢化した国民生活の安定を図り、行く末の不安を解消し、貯蓄性向を弱め、更なる内需拡大へと繋がり、コロナ騒動で極端に落ち込んだ景気を再生させる。・・・ DSC00100.JPG
nice!(188)  コメント(12) 

易しい経済学・(金融支援はスタグフレーション回避を念頭に) [政治経済]

我が国でも昨日の国会では、アベノミックス最大の貢献者でもあり金融緩和を推奨する日銀総裁を参考人に招致し、自民党の或る議員がMMTを引き合いに、首相に「財政出動による景気拡大」を提言していた。各国政府はコロナウイルス蔓延に依る景気低迷を防ぐ為かなり大規模な財政出動を計画している。 然し、其れが、単に売り上げ減や失業者及び低所得者に対する、一時鎬の生活費支援のみに終ってしまっては、決して景気回復と云う問題解決には繋がらない。・・・ コロナウイルス蔓延で生産が落ち込んだ結果、市場に製品(商品)が不足する。其処に政府の大規模な金融支援で通貨量だけが急激に増加する・・・どうなるか? ・・・     生活費援助=手持ち資金増=購買力(需要)増加>生産力低下=商品の供給不足。需要>供給。即ち物価高を招く。インフレ―ションinflationである。 最も懸念される景気低迷下のinflationに見舞われる。即ちスタグフレーションstagflationが発生する。  早期に商品の流通量を通貨の供給量に見合う迄引き上げる施策が必要です。之が本来の経済政策で第2第3の矢で有ると思います。アベノミックスにはこれが殆ど見当たりません。軒並み落ち込んだ生産力を早急に回復させる秘策が必要と思います。 「原因改善を伴わぬ金融支援は決して問題解決にはならず更なる不況を招く事になってしまいます」 原宿駅前
nice!(135)  コメント(5) 

西南戦争で敗れた西郷軍側の兵士の墓が [旅行]

列藩同盟で新政府軍に蹂躙された仙台藩としては、聊か納得致し兼ねる面もあって当然?然し、維新政府は西南戦争で敗れた西郷軍の捕虜を故郷から遠く離れた仙台で終身労役刑に付かせた。その内、此の地で生涯を閉じた7名の墓が未だに此処に有り、供花が絶えないと聞く、遥か昔、遠くヨーロッパに迄使節を遣わした先進伊達藩が同じ日本人同志、戦い終われば、最早no side!広く暖かい、古武士の「惻隠の情」を此処東北の優県に感じました。P1000869.JPGP1000870.JPG
nice!(99)  コメント(2) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。